学校に行かないことを決めた子供達や

学校に居る事に、疑問や不自然さや違和感を感じている子供達や

無理して頑張っていたら、心や体が思うように動いてくれなくなってしまった子供達の中には

個々の独自性や創造性の翼を広げることによって

どうしたらいいのか…

どうしたいのか…

がわかるようになって

その子にとっての健やかな状態を取り戻したり、健やかな環境を引き寄せたり

独自の道が自然と開いて行くような変化が始まることもあります

子供の成長に伴って、家族全体も共に変化しはじめます

心や体がホッと落ち着いて、気持ちに余裕が出たり

ご自分やお子さんへの信頼や、根拠のない自信や、安心感が湧いてきたり

 

どうしたらいいのか、どうしたいのかは、その人にしかわからないし、その人の中にちゃんと答えはあります

学校に行くのも、行かないのもどちらでも良いと思っています

大切なのは、自分が本当はどうしたいのか…自分の内側からの声を感じられること

森は大きな懐で

その子が自分の内側からの声に素直に生きることを見守ってくれます

頭で認識できる形で答えを決めなくても

心と体で自分の中に在る答えを受け取ることが出来ていれば

自然と必要なことが起きて行くものです

自分が願う自分へと成長する道のりは、自分で引き寄せるのです

 

既存のレールがあってもなくても、自分の道は自分で創ることが出来ると気付けると

メキメキと自分らしさを取り戻したりします